たとえあなたは機械のチップの愛好者ですとしても、私はあなたはも知っていますとは限らなくたくて、なんとボール・ベアリングがあるぜんまいの箱があって、これはある1つの機械の狂う悪魔のすることができる事です。2009年、エテルナ(Eterna)は1モデルの新しいチップ、Calibre3505Spherodriveを発表しました。このチップはとてもおもしろくて、それはボール・ベアリングを、ぜんまいの箱のが2つ上り下りするに支えてつけるのを運用します。すみません、ここは本当に1時(点)の機械のチップの基本的な原理に使わなければなりませんでした。

普通なぜんまいの箱、いくつ(か)一部が構成するこのようながあって、内部のぜんまい、ぜんまいの1面は最も中間のの軸に連なって、もう一つの端はぜんまいの壁に連なって、軸の上端と上條のラチェット(あるいは大きい鋼の車輪を言う)は繋がって、下が主な基板の垂直方向から固定的で、ぜんまいの壁は全体のぜんまいの箱の内壁で、ぜんまいの箱の外壁は歯があって、箱の車輪をも言って、箱が上方に順番に当たってかぶせる箱があります。普通だ状況で、軸はと箱のふたと主な基板のは位置に接触して、すべて人力を使うルビーで、潤滑油をつけて潤滑にして、軸がこの2つの位置と接触する直接なのがあるため、摩擦があります。

エテルナは軸をこのいくつ(か)の点に接触して、すべてボール・ベアリングを交換して、これはどうしても一回の大胆な試みだそうでなければならなくて、この前にのため、また(まだ)確かに聞いたことがないでこのような方法(もしも知っている時計の友達に少しメッセージを残してもらう)があります。とても明らかに、宝石軸受とボール・ベアリングは依然として違いがあったので、宝石軸受はすべて潤滑油を頼まなければならなくて、もしも陶磁器のボール・ベアリングが使わないので、コストと技術の難度はすべて上がったが、よいところは寿命が更に長いです。

更におもしろいののは、エテルナのぜんまいの箱の充電器、2のボール・ベアリングの構造で、内レースは四角形に付いていて口を開いて、軸をつなぎに用いて、中環3本のねじを通じて(通って)固定的だ底部基板上で、外輪は3本のねじとぜんまいの箱の固定的な(3つの孔がまだあるのが3粒の棒状の金具だ)を通じて(通って)、これも初めてぜんまいの箱上でねじを使いを見るでした。少しも疑問がないで、この構造が単純な1粒の赤い宝石軸受に比べて要するずいぶん複雑になって、まして更に大量の空間を占めたのはなおさらで、エテルナのぜんまいの箱は両ボール・ベアリングの上のまで(に)どんどん加えるです。このようにするのは本当に値打ちがあって、このような代価で1粒の小さいルビーに交替するのに行きますか?いずれにしても、これは全く新しい試みで、小型技術の発展する今日で、もうこの簡略化ことができるようになりますを。これも1つの問題を説明して、赤い宝石軸受は依然として最も理想的なベアリングの方法ではなくて、それは新しい可能性がまだあります。

玉の縁ができるぜんまいの箱の時に