ロレックスの時計が後ろから数えて最後の何分に入る時、中嶋の1の高い(Kazuki Nakajima)の運転する5番の豊田TS050 Hybridから見たところほとんど成功裡に間近に見えるの、結果でしかしこのように絶対的ではない。後ろから2番目の小屋の時、中の嶋の1の高い運転する豊田が突然遅くなって下りてきて、現場の競争路の側の263なのにも関わらず、500名の大衆とテレビの前で中継の全世界の観衆を視聴するのはすべて思わず呆然としています。豊田TS050 Hybridがゴール・ラインに接近する時に、最後の一サークルを完成するのを準備する時、なんと更に短く停止して、2番のポルシェの919 Hybridに順調に越えさせて、1歩進んで勝利を収めます。この突然やってきた意外な事件、再度ル・マン24時間耐久レースを証明して1度の究極の長持ちする試合で、初めから終わるまで(に)すべて必ず完璧な振る舞いがあるなくてはなりません。

LMP2グループにあって、最後にNicolasLapierre、StトphaneRichelmiとGustavoMenezes車隊の運転した36番のAlpineA460―Nissanから勝利を収めます。 PROAMグループはTownsendBell、JeffreySegalとWilliamSweedler車隊の運転した62番のフェラーリの458ItaliaGTEから勝利を獲得します。

24 Hours LeMansルマンのラリーは1匹席と賞品–ロレックスにDaytona腕時計を表彰します。

期の指示を待つ人の驚喜する予想外