高の知能指数の悪役の彭に扮して晏、第一部中ですばらしい、の演技を表現して大いに認可を得ます。《身震いの2》の中で、彭は晏の劇の組で大幅に上昇して、獄中みごとに脱走してだけではありませんから、更に舞台裏の勢力と提携して新しい戦局に影響を及ぼします。ロンジンは表してこちらの優雅なイメージ大使の激戦する劇の中で劇の外で伴って、片場のが銃を握ってから劇に対して、記者会見の優雅な見得に着いて、1筋は康のプラチナのシリーズの手首の間ので時に計算してすでに晏の“標準の配置”で彭になったのから来たようです。康のプラチナのシリーズの時間単位の計算の腕時計、精密な鋼の材質は殻を表して優雅なことを献呈してまた丈夫な風格を失わないで、同時に気分が良くビジネスとスポーツの場所を配合します。深い黒色の時計の文字盤は更に人に彭の晏は《身震い》だ中のくつわが冷やかなイメージが傲慢で傲慢なことをと連想させます。

2人のロンジンは優雅なイメージ大使ついたてbian劇を表してと、劇の中で死に顔の闘う相手を生むので、劇の以外にすべて映画のために全力で行きます。彭が晏でまさに体操、格闘、自転車などの技能を懸命に鍛えるようで、役を解釈するために内外は兼ねて修理して、同じく郭富城の奪い取る金像賞の時の実際の感想のようです:“私はなんと最高峰に達したくなくて、役者をしっかりと行いただたいだけ。”時間を傾けて、夢を追う前に行、これは彼らの優雅な態度です。

康のプラチナのシリーズの腕時計