ショパン今年に6月12日~7月17日、2016「PekingtoParis」オーストリア車隊の政府の時間単位の計算のパートナを担当します。 「PekingtoParis」史の上で最も苦難に満ちている長距離のクロスカントリーだと見なされます。

オーストリアからの運転手の英戈・斯特とRhodes(IngoStrolz)はと副操縦士と機械師WernerGassnerに兼ねて共にこのに挑戦して各種のクラシックの車のモデルと旦那さまの車試合に集まりますと、2人のオーストリア籍の運転手はショパンMilleMiglia GTSChronoシリーズの腕時計をつけてこの試合に参与して、1台運転していて99年に車の種”AmericanLa France TourerSpeedster“に駆動する歴史の旧式のチェーンがあって、各種のでこぼこな地形を越えて、各種の厳しい天気を通って、13.695キロメートル走りました。

この長距離の車試合は中国の北京から出発して、11の国家を経由して、モンゴル、一部のロシア国境、ベラルーシ、ポートランド、スロバキア、ハンガリー、スロベニア共和国、イタリアスイスを含んでおよび、1ヶ月余の苦しい長い旅路を通って、7月17日にフランスのパリの芳に到着して広場に登って、総試合日程の13.695キロメートル、35日続きます。

「PekingtoParis」史の上で最も苦難に満ちている長距離のクロスカントリーだと見なされて、各種のでこぼこな地形を越えて、各種の厳しい天気を通って、13.695キロメートル走ります。この長距離の車試合は中国の北京から出発して、11の国家を経由して、環境の苛酷なゴビの大きい砂漠を含みます。

つまり一部の運転手は2013年からこの最も苦難に満ちている長距離のオフロード車試合、英戈・斯特とRhodes(IngoStrolz)の表示を参与して完成します:「つまり私達は2013年からこの長距離のクロスカントリーに参与して、私達にとってとてもすばらしい経験も私達に中からたくさんを学ばせです。全体、1日中試合日程が終わった後のにため、私達は車を修理・整備するのが必要で、ほとんど毎日3―4時間の睡眠時間しかありません。この長距離のクロスカントリーは人類と機械的なのにとって本当に一大が挑戦するので、ゴビの砂漠を経由する時、よく運転するべきものがない道のため、砂漠しかなくて、本当に走りにくいです。また車の上で回転速度器あるいはGPSナビゲーター設備を添えていないため、そのためこの時の時間は私達にとって、とても重要になりました。それでも、私達にとってこのような砂漠地区で運転していっそう私達のペアウォッチの高い需要を創造しました。」

ショパンを担当しParis 2016 Peking長距離オフロード車戦オーストリア艦隊の公式パートナーカウントダウン