1875年、2人の若くて為す所がある時計師JulesLouis AudemarsとEdwardAugustePiguetはスイスのなんじの谷間の布拉蘇絲小鎮(LeBrassus)で共に創立して相手が好きで、彼らは“低い生産高の高品質”の製品の策略を制定して、独立する環境の中で高級の表を作成する技術を守って伝承していて、そして最高な水準のは技術を飾って磨き上げます。志を立てて堅持する独立精神のため、ピーターがこの貴重な文化の遺産を伝承するのが好きで、そして古きを退けて新しきを出して、積極的に向上しようと努力して、未来を開拓します。

一部のストーリ、自身はすぐ伝奇です。それらは世紀をまたがり越えて、一代一代と伝わっていって、歳月に経過の中で更に現すのが並外れています。創立するの時から、相手が高級な表を作成する領域で絶えず伝統の技術と並外れているアイデアの伝奇を書きが好きです。愛彼理事会の主席JasmineAudemarsは一族の伝統に言及する時話が及びました:“相手が好きなのにとって、伝統は尊重する態度過去を追想するのを意味するだけではなくて、更に積極的な行動が未来に頭を上げて邁進するのを象徴して、絶えず改善する精神を維持して革新を求めて、そして全く新しい事業に身を投じてクラシックをさらに作ります。”

相手の創始者の中の一つEdwardAugustePiguetの曾孫OlivierAudemarsが思い出しながら話して着きが好きです:“私の祖父PaulEdwardPiguet総はよく関係する時計工場のストーリを私に言います。彼にとって、会社は決していかなる人に属しなくて、この地区の自身です。彼の使命は会社が谷間に引き続き留守番をしを確保して、代々伝わります。”

1875年に愛彼時計工場建てる正面の徽章で掲げます