3235を代表する32係のチップにするのはロレックスの最新の技術成果で、ロレックス31係のチップの取って代わる者です。現在ロレックス32係のチップはすでに新型Day―Date40と新型のDATEJUST腕時計を装備しました。ロレックスは3135を代表する31係のチップにして前世紀の80年代の末に発表されて、1世代のロレックスのチップ技術の代表。2016年3135の取って代わる者の3235登場。

ロレックスの3235チップはぜんまいの箱を改良するを通じて(通って)、チップの輪列(を3135合理化するのは中心の2ラウンドの式の輪列で、3235は中心の4ラウンドの式の輪列)で、改良はそれによってたとえチップの効能を高めて70時間の動力を獲得したのでもを捕らえます。ロレックスの3235チップの減らしたのはそれによって周りの樽形の内壁の薄肉が更に長いぜんまいの箱を入れるのではなくて、薄肉の上り下りするトップカバーと底がかぶせるので、更に広いぜんまいを入れて、更に広いぜんまいを使うを通じて(通って)更に長い動力が貯蓄するのを実現しに来ます。ロレックスの3235チップは新型のchronergyを使って捕らえてシステムを跳躍して、伝統のスイスのてこが捕らえるとたとえ異なるのでもつく造型を捕らえて、宝石は瓦の厚さをついて半分減らして、たとえばつ、雁木車がLIGA腐食銅版を使ってなるのでもを捕らえて、形の精度を作るのが高くて、たとえ表面を捕らえるのがたとえ伝統に比べて捕らえるのでもつるつるしているのでも、雁木車が透かし彫りで、重さを下げて、そのためたとえシステムの効率比の伝統のスイスのてこが捕らえて15%たとえ上がるののでもでもを捕らえます。

ロレックスの3235チップは引き続き使って端の上で巻く青いParachrom空中に垂れる糸に付いています。ロレックスは実験するを通じて(通って)常磁性の空中に垂れる糸を結び付けるのが組み立てるまで(に)フランジの大振り子の振り子車輪チームが残りを磁性値に運行することができて減少して結合になってNivaroxがありがありかを発見しますか?型の空中に垂れる糸の同じ振り子車輪チームの約10の二分の一。最適化する設計の残りの磁性値ただ約10の七分の一。この科学に基づいてロレックスが新しい並べる輪軸を設計したのを発見します。ロレックスの3235チップはもう3135チップのを使って竿式の自動陀を売りなくて、包装(服装)を変えるボール・ベアリングの自動陀、3235は3135の残念な思いを補いました。腕時計の精度の方面で、ロレックスの3235チップはスーパー天文台を引き続き維持して、毎日の誤差+2/―2秒を認証します。更に人に意外にならせるののが、ずっと実用主義路線のロレックスに堅持していって、3235を代表する32係のチップのにする中で宝石軸受の黄金のスリーブを増加して、チップの豪華な感を増加しました。

ロレックスの新世代の3235チップ