ここ数年来、ランゲは毎年でも1つのとても複雑な腕時計があって、当時の旗艦の作品として、今年の期間の作品、TOURBOGRAPH PERPETUAL“Pour e le Mérite”の腕時計で、ゴマの鎖の駆動方式を含んだ、陀はずみ車、針の時間単位の計算、万年暦などの機能を追う、一つごとにが単独で取り出して、すべて機械的な時計の中できわめて複雑な構造で、その中は2項全身で解け合うことができて、すでにとてもすごくて、しかしランゲは4項目に解け合いました。このような1つの環境の中で、すでにブランドが機械の複雑な境を探求したのを堅持しているのはめったにありませんでした。

この表の43ミリメートルの直径、厚さの16.6ミリメートル、十分な1モデルの“大きい”は表して、プラチナを使う金の材質は製造して、もちろん、サイズはやはり(それとも)重さだ上からにも関わらず、それはすべて軽視してはいけません。現在での高級が表を作成する中に、毎年やはり(それとも)いくつかが大きく表しがあったけれども、しかしこのような大の複雑な時計に似ていて、絶対に世にも珍しいの貴重な品で、更にまして50制限するのはなおさらです。

“Pour e le Mérite”のシリーズの腕時計はランゲの腕時計の中でピラミッドのトップの製品で、稀有なだけではなくて、その上伝統の精密な機械製造の技巧を復興するのを特色にして、皆ゴマの鎖の伝統システムを搭載して、1994年現代のランゲの登場の後でから、便はずっとランゲと高い先端の代表的作品の中の一つです。

時計工場はチップの修飾を自製して薩克森の表を作成する技巧の最高な標準に合います。藍鋼のねじ、ネジ固定の黄金のスリーブは、処理するドイツの銀を経ていないから装飾を製造して格拉蘇蒂の指紋とうろこの紋様の橋板と添え板があって、および手製で時間単位の計算の橋板を彫刻して、それぞれのすばらしくて複雑な装置と互いに照り映えます。

ランゲの2017年の旗艦の本番の“Pour e le Mérite”の腕時計