達文西のシリーズの今年の新型の中の36ミリメートルのサイズとしてモデルを表して、達文西が自動的に鎖のカレンダーの腕時計に行って5つのバージョンを全部で、すべての18のK赤い金の派手なバージョンと18Kの赤い金Santoni皮バンドの軽くて贅沢な版を含んで、もちろん3モデルの精密な鋼バージョンがまだあります。今回はみんなの持ってきた本番に、その中の精密な鋼が殻、精密な鋼の時計の鎖バージョンを表すのです。

同様に入門するバージョンとして、金属の時計の鎖は多くの女性の好感を深く受けられて、皮バンドは多くの場合は比較的重々しいのに見えていて、金属チェーンは日常が多くて、レジャーなのが多くて、かつ女性は事実上金属チェーンについて恐らくいくつかの方が好きで、更につけやすいため、日常の各種がぶつかりをも心配する必要はありません。

同様にとても簡潔な盤面で、立体の時アラビア数字を表示して、確かにとても美しくて、とてもすばらしくて、6時に位置、1つの小型の窓口を使って現在の期日表示して、それから精巧にまた女性を失わないのがのを表す腕白で、このカレンダー地区と中心の大きいトーラスのため繋がって、設計上で決して衝突しありません、かえって勇気があってよく動く美感。

大型のイベントが耳を表すのは見たところ広くて厚くて、慣れている一瞬の間、はなやかだに着かれます。腕時計の後かぶせて同様に設計する達文西のシリーズの面白い19個の円形の構成する“生命の花”の図案があって、これは達文西のシリーズの腕時計設計の霊感がいくらの芸術のシンボルから源を発するのです。

万国のその他に比較してリストのモデルを結んで、どうしても言わなければならなくて、達文西のシリーズは1モデルが芸術のコンプレックスの腕時計があるので、それは機能を特色にするのではなくて、芸術の美学を目的にするのです。

美しい中は基本的な万国を設置して文西のシリーズの腕時計を表現します