今期の2017SIHHジュネーブが展を表す上に、高珀富斯は11年鳴いて腕時計から研究開発なる高珀富斯大きいをの通りを出しました。高珀富斯は3年前でやっとちょうど彼らの万年暦の腕時計を出して、目下非常に大きく鳴いてから登場を表しました。大きく鳴いてから表すのが時計界の最も複雑な腕時計の中の一つです。毎時間に自動的に時間を知らせることができます。現在少なくともアテネ、ブルガリ、バセロン・コンスタンチンなどの少数のいくつ(か)の時計工場が大を生産して鳴いてから表すことができるかを含みます。

高珀富斯は大きく鳴いてから表してチタン金属製造を使って、これも現在その他大きい鳴いてからとのと違いこの腕時計中の一つです。高珀富斯は大きいはの鳴いてからサイズの43.5ミリメートルを表して、厚い16.13ミリメートル、チタン金属を使って殻を表すため、そのため腕時計はとても軽くて、表す人がいて、この腕時計は1匹のが日常のつける大が鳴いてから表すことができるのです。

高珀富斯は大きいはの鳴いて表すもう一つの特殊な場所から上弦装置にあります。大が鳴いてから表して鳴いた時間を知らせる機能後にから大を開くため、毎時間にすべてリードを打って時間を知らせなければならなくて、そのため動力の消耗に対してとても大きくて、だからほとんどすべての大は鳴いてから表して鳴いた機能後にから大を開いていて、動力の蓄積時間のすべて少ないのが可哀相です。高珀富斯が大きくて鳴いてから1つの自動上弦装置を設置したのを表して時間を知らせるぜんまいの箱になって、1つの自動陀(チップの背面から見ることができた)に付いています。そのためこの腕時計は一部に2分けて、常規が幸運だのは手動の上弦の72時間の動力で、時間を知らせるぜんまいは自動上弦で、時間を知らせる機能を開いた後で、20時間の動力があります。とても独特です。

その他にこの腕時計8時の人でひとつの付いていて斜めな25度を切って、24秒の回転する1週間の傾く陀はずみ車。これは24秒に陀はずみ車も高珀富斯の腕時計の標準が中の一つを配置するです。

2017SIHH高珀富斯は大きいはの鳴いてから表します