少年の時期にで、尼科・ロスおじさんの格は父を得たことがあって彼の1枚のIWCに贈呈します。あの後から、彼はこのスイスの有名な専門の派手な腕時計のブランドととけない縁に結んで下きました。去年、IWCのミュンヘンで催した一回のイベントの中で、尼科・ロスおじさんの格は競技用の自転車を脱いで従って、表を作成する師のオーバーオールのアウターを交換して、ブランドの独占で催す表を作成する教室の中で参与して、みんなに彼の技術と手工芸の方面の才気を展示しました。“IWCの製品を出す腕時計は私にとって先端の科学技術と一流な水準を象徴するだけではなくて、その上激情と感情の化身です。”尼科・ロスおじさんの格はこのようにIWCの印象に対して彼を総括します。“私も自分の腕時計の上半身でこれらの特質を現しを望みます。私の最も好きなチタン金属の材質は黒色の腕時計のバンド、明るい色の時計の文字盤によく合って、対比を組み合わせるべきだのが鮮明で、人に目を通して忘れ難くさせる。”彼とIWCのアイデアの総監督のクリスティと安・普遍的に共に設計して独特な個性の技師の時間単位の計算の腕時計の“尼科・ロスおじさんの格”の特別な版の最初の原稿を明らかに示しを傷めます。腕時計のチタン金属が殻を表す、冠を表す、冠を表して防護して酸化ジルコニウムの材質のナットを設置するおよび、銀をめっきする時計の文字盤のは際立たせていておりて、最も楽であか抜けているスポーツの風格を現します。黄色の秒針と“12時”の位置が時間単位の計算の皿の中の黄色のポインターにつきあって人に蛍光の黄色のヘルメットまで(に)連想させます。この頂のヘルメットは尼科・ロスおじさんの格の特色が表すのでことがあって、長期に7年続きます。この腕時計は触感の派手なフランジの小さい牛革の別布のゴムの腕時計のバンドによく合って、そして扮して縫う豪華なグレーがあります。

尼科・ロスおじさんの格の個性的な時計算します