宇の大きな船は2011年から便を表してずっと安提凱とシーラプロジェクトに参与します。初めては協力で位置していてパリ技術博物館の展覧の中で支持を提供するので、その後またアテネ考古博物館と協力で共に一つの大型プロジェクトを完成します。宇で大きな船の表す大きな力はおりるのを支持して、安提凱とシーラのメカニズムのホールは落成して、その中は宇の大きな船から買って、スイスの製造したのがとても大きくて震災を防いで箱を展示するのを表しを含んで、それによって安提凱とシーラのメカニズムを展示します。

安提凱とシーラのメカニズムのすべての原始の遺跡は高い名声のアテネ考古博物館を有していて展覧して、宇の大きな船は発表する“安提凱とシーラのメカニズムに向って敬意を表する”の腕時計の傑作を表してもいっしょに展示して、この腕時計は原始のメカニズムの精密で正確な超縮小化がもう1度品物を刻みを称することができます。ギリシアの文化部長は自ら出席してそしてそのために開幕して、世間の人にこの最高のものを見たと感嘆した古ギリシア文明と人類の知恵の誇りを展示します。今回何度も延長を展覧して、広く好評を受けて、絶えず見学人数を更新して記録します。

宇の大きな船は表して安提凱とシーラと探険します