もしもみごとにGPS信号まで(に)検索することができて、SF-810の走る過程をそのようにつけてやはり(それとも)楽しみのを満たします。腕時計の機能はとりわけ簡単で、複雑なメニューがなくて、初めの鍵盤を押さえつけるだけを必要として、信号を待って、それからまた一回押して、走ったのを始めることができます。

腕時計はデータの方法が現れて人を印象に残らせ。SF―810が35種類の異なるデータを提供しておよび4つがディスプレイスクリーンを注文して作らせることができます。ユーザーは選んですべてのスクリーン上で1~3行のデータを表示することができます。

ユーザーは各類のデータを選んでスクリーンの上で表示することができて、それらは、スピード、平均速度、小屋速くから距離、コイルピッチを含みます……少し軽いスクリーン、ユーザーは異なるディスプレイスクリーン間で切り替えることができます。

SF―810はまた(まだ)“自動的に一時停止する”と“自動的に一サークル”の機能を提供しました。前者はユーザーが足どりに止まる時自動的に追跡を一時停止して、後者はユーザーの完成が特定の後で統計によると1巻数を行います。

“Lap”の押しボタンを押さえつけて、基本的なデータは直接腕時計上で表示するのができます。更に具体的なデータを調べるため、ユーザーはそれらをアップロードしてAndroid、iOSまで(に)応用あるいはエプソンのウェブサイトの上で移動しなければなりません。

しかし、SF―810の応用は製品の中で全体最もまずい部分に見えます。アップロードの過程はきわめて緩慢で、しかも不安定で、インターフェースはよく記載して現象を延期するのが発生します。エプソンRunsenseウェブサイトの上の体験の概略が少し良いです。

ユーザーと携帯電話の距離が一定範囲内入る時、良くて明るいForerunner225はおよびVivoactiveは自動的にデータをアップロードすることができて、エプソンの腕時計はユーザーが“Lap”の押しボタンをしっかり押さえてようやくシンクロナイズする過程を初期化することができるのが必要です。それから、ユーザーは手動で毎回練習するデータをアップロードするのが必要です。この過程はとりわけ長くてしかも味気ないです。

いったんDSを完成したら、ユーザーは地図上でランニングのパスを調べて、図表の上で各種の指標を調べて統計することができます。RunConnect応用を通じて(通って)、ユーザーは腕時計機能に対して注文して作らせることができて、ディスプレイスクリーンを含む、自動一サークルと自動タイムアウト、GPS補助機能をアクティブにする。

SF-810の走る過程をそのようにつけてやはり(それとも)楽しみのを満たします