線香花火のような時計会社は杜南(JeanDunand)に受けて20世紀にスイスが芸術家の啓発を飾らせました、天才の時計のデザイナーのクリストファー・カラットの雷(ChristopheClaret)を採用して作る表す芯を設計して、この腕時計を作りました。この砂とバックの腕時計は多分この会社だと見なすに最もシンボル的な1件の作品を備えられることができて、それ新しいエジプトでテーマ設計の中で芸術を溶け込んで線を飾って、そして独特な万年暦機能を添えて、フープ式の装置を通じて(通って)期日を表示しに来ます。売価の50万ドル。

ヤマナシの南沙のバックの腕時計を譲ります(JeanDunandShabaka)