2007年、月の隕石のかけらDAG400は弗莱貝格理工大学(Technical University of Freiberg)の鉱物に組み入れて秘蔵します。2008年から、この隕石のかけら便は弗莱貝格弗羅とエデンと施泰因の砦(Castle Freudenstein)の“土地の鉱物”の隕石のシリーズの中で展示します。この独特な隕石の原因を買うのは隕石に収集するのがもっと完全にならせるのにあるだけではなくて、更に重点的におよび、を研究して用途を展示します。

RICHARD LANGE PERPETUAL CALENDAR“Terraluna”の特許の軌道の月相は同様に精密な表を作成する領域の革新の傑作を表示します。この精確で比類がない装置、月を描写して地球と太陽の恒に対応して星座に変わります。

天文学者が兼ねて師のウィリアム・戈を測量して特にHaleの夫・ルーマニアのなんじのマン(Wilhelm Gotthelf Lohrmann)がドレスデンで採用する月の表面を観察するシステムの方法があって、そして1824年に“月は明らかに表面の地形図だ”という研究成果を発表しました。1827年、彼は得て“数理物理学のシャロン”(Mathematicsand Physics Salon)の首席の監察員に委任して、その後更に新しく創立する技術学院(TechnicalAcademy)で主管者を担当して、彼もなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲの先生の中の一つがかかるのです。

1815 RATTRAPANTE PERPETUAL CALENDARは針の時間単位の計算装置の巧みで完璧な技術を追って万年暦の精密なのと正確にまじって1になるでしょう。

RICHARD LANGE PERPETUAL CALENDAR“Terraluna”と月の隕石