歴史の技巧の見守る者、美学の革新する実験室で、そしてせっせと働く魂の労働者の腕の立つ人のおかげで、伝奇の歴史とすばらしい現実をしっかり関わります。これらはジャークの独ルーマニアの芸術の労働者の坊の独特な場所として、ブランド最も本質の職人の魅力が現れています。2017年、ブランドはバーゼルの時計の真珠や宝石展の上でこの機械と道具の中国の風の特色のジャークの独ルーマニアの頃の小針皿(PETITE HEURE MINUTE)のオランダ水たまりの腕時計を出しました。

ジャークの独ルーマニアの頃の小針皿(PETITE HEURE MINUTE)のオランダ水たまりの腕時計