1892年に、腕時計界の先駆者の指導者EdouardHeuer先生の便はすでにみごとに表を作成する史の上で第一つの時計の殻の水を防ぐ特許を得て、すぐさま大いに得ることに成功します。2003年、タイ格HOYAは初めて潜むシリーズの腕時計を競いを出して、それから、潜むシリーズの腕時計を競って絶えず発展して、ますますすばらしくなって、ダイビングと航海を含めて各種の極限に達している条件の完璧な時に受け答えして計算することができるのになります。

新作の腕時計の防水の深さは300メートルに達して、それなのに堅固に小さくて精巧な表す殻がひっくり返るが黒色PVD上塗りがあって、採用は砂の2級のチタン金属を噴き出して製造して、そのステルスの効果を強化して、敵の視線を引きつけるのを免れます。小屋を表して1分の目盛り(前15分の標示の毎分の目盛り)に付いていて、吹く黒い2色かぶり面の陶磁器に耐えて製造して、からだが極めて悪い環境の下につきあって2のが選ばないのです。

このシリーズの2モデルの腕時計を製造するため、組み合わせに扮する時計の文字盤色調NATO腕時計のバンドを採用しますとと。シベリアのツンドラなどの要害の環境は迷彩のプリントの図案の霊感の源です。タイ格HOYAは迷彩のモデルのためにからだを量って製造して、腕時計のバンドは異なる色の線を採用して編んでなって、しかも強靱に色はユニゾンがあるだけではありません。そしてその上黄緑の組み合わせはと色の腕時計のバンドは縫って飾りを添えて、軍事行動決して遊びごとでないをの体現していました。

腕時計界の先駆者の指導者EdouardHeuer先生の便はすでにみごとに表を作成する史の上で第一つの時計の殻の水を防ぐ特許