世界トップクラス時計ブランドブレゲは正式にサンフランシスコ芸術博物館と協力するのを宣言して、2015年に9月ブランドの誕生240周年の機会を利用して、“ブレゲを催して、表を作成する業の芸術と革新”テーマ展、ブランドの創始者のおじさんにめったにない―ルイ・ブレゲ(Abraham―LouisBreguet)の先生を引き延ばして敬意を表します。この歴史的重要性の展覧は今までのところアメリカ地区の催しの規模の最大のブレゲの骨董の時計算する展であるでしょう。

今回の歴史的な協力を祝うため、ブレゲとサンフランシスコ芸術博物館のサンフランシスコでの陀はずみ車の高級品店(TourbillonBoutique)は祝賀カクテル会を開催して、出席する賓客は早めに到来を観賞してパリ旺多姆広場ブレゲの博物館の3つの貴重な骨董の時にから計算します:No. 2655、No. 3519およびNo. 4111。あとで、祝賀活動はサンフランシスコから広場のブレゲの高級品店を共同してサンフランシスコ芸術博物館まで(に)移して、客達は夕日の夕日の中で金門橋の雄壮偉大な姿を鑑賞して、そして晩餐会を楽しみます。その夜、ブレゲのブランド理事会の成員とサンフランシスコ芸術博物館の代表はそろって1回集まって、双方が一里塚の意味の初めてがあって協力が成立するのを祝います。この開拓性の協同関係、もっと良くこの博物館の使命は、更に世界の芸術の文化の精華の情熱を保護するのに対してブレゲを明らかに示しを実現するについて、皆重要な意味を持っています。

今回の展覧が多い件ブレゲの骨董を展示するでしょう時計算してと道具を測量して、ブランドの創始者のおじさんを再現して表を作成する業のためにめったにない―ルイ・ブレゲ(Abraham―LouisBreguet)の先生の50年の表を作成する生活の中で持ってくる数回の重大な革新を引き延ばします。その中の最も有名な一つの発明はきっと陀はずみ車で、設計を革新するべきで懐中時計の中で重力の不利な影響を相殺するのに用いるのを目指して、このごろすでに高級な表を作成するシンボルになりました。今回の展覧はまた(まだ)一連のクラシックの懐中時計、旅行の時計を持ってきて、およびめったにない原型はモデルを表します。ブレゲ先生は精神の発明を独創するのがあって世界のが1枚1枚の精密な時計算する傑作だけではないに貢献して、更に革新して設計する永久不変の財産。電力でまだ発明していなくて、パリがまた(まだ)はるかに今日の“照明の城”ではない時、ブレゲが時計の堤防(QuaideL’Horloge) 39番の表を作成する労働者の坊に位置してすでに流行の最前線と技術の山頂の峰の時に計算する作品にそびえ立ちを創造して、1度の時間単位の計算の革命を巻き起こしました。

18世紀末から19世紀初めまで、フランスの皇帝のナポレオン・波拿巴(EmperorNapoleonBonaparte)から、ビクトリア女王(QueenVictoria)に着いて、またツアーのアレクサンダーの1世(TsarAlexanderI)に着いて、ヨーロッパの王室の貴族はブレゲの忠実なファンでないものはありません。ブレゲ先生の最も有名な作品の中の一つは通し番号がNo.なるです 160の1枚の伝奇的な懐中時計、“メアリー・アントワネットの懐中時計”をも称して、続いて44年にやっと完成を作って、と言える時計算する領域の蒙娜麗莎。いまどきになって、ブレゲの歴史の上で有名な骨董の時ロンドンからサンクトペテルブルグまで(に)ミラノからエルサレムまで(に)計算して世界各地知名博物館の陳列して追求する目標になります、、。

スウォッチグループ所属のトップクラスのハイエンドの表を作成するブランド、ブレゲとして総裁兼最高経営責任者のマルク・海で(MarcA. Hayek)先生の指導(者)はおりて、創始者のブレゲ先生の創造精神を受けてその通りにして、先端の科学技術と優雅な設計の方面で持続的に革新して、引率して現代表を作成する業が新しい時代に入ります。ブレゲの最新の作品のシリーズの中で、革命的性質の特許技術の磁力を採用するのは輪軸のChronomトtrieの腕時計を並べて史の上で初の腕時計のナポリの王妃のシリーズのレディースに源を発しと(この時計のシリーズの名称が初の腕時計の顧客のka洛琳・ミューラーのの号に源を発する)を表す正にブレゲの怠らない革新の最も良い証明です。

Breguetはサンフランシスコがブレゲの骨董を催す時計展に