運動することが好きな人心拍やはり(それとも)比較的についてイタリアでの、伝統の心拍は持って比較的ブラジャーに似ています……額、きわめて果実の君は光学の心拍数計が比較的まだ譜によるのだと表します。しかし今著名なスポーツの知能は表してTomTom以外ほとんど光学の心拍技術を採用していないで、スポーツの知能は巨頭を装備して良くて明日第1モデルが光学の心拍数計の腕時計を搭載するのを出して、かつ測定する正確性も更に~を強化しました

代はGarminFR225が比較する前にFR220が外観の上で変化するのは比較的微小で、厚さも基本的で一致します。背中の集めてなる光学の心拍数計で最大のアップグレード所です。このオリジナルは有名な光学の心拍数計のメーカーMioから提供して、業界の最高な水準でした。それの最もすごい場所は50メートルの防水を支持するので、かつ水中でも心拍を測定することができることができて、ダイビングの人にもリアルタイムで体の情況を理解することができます。

それは測定の心拍とGPSが追跡する機能モデル下に10時間航行を続けることができて、もしもそれでただ機会を待って時間を見るだけ、それは充電しないで周りを使うことができます。彼は計算する歩機能がまだあって、腕時計の時計の文字盤の上のカラーの段は現在のスポーツの強さ等級を表示します。燃やしたカロリーの数などと健康の密接な関係にある小さい機能を分析してそれも一つ欠けていません。

ブルートゥースを通じて(通って)つながってそれをまた(まだ)携帯電話につなぐことができて、結合GarminConnectApp、ユーザーはまた(まだ)スポーツの後のデータ分析をソーシャルネットワーキングサイトまで(に)分かち合うことができて、親しい友人と全力で勝負します。

良く明日FR225腕時計を発表します