第一モデルのMillésime腕時計は2015年7月の開会の新しいRogerDubuisロジャーとヤマナシの相手のジュネーブ専売店の最も象徴的意義を備える祝いの贈り物になるでしょう。この時計算してRD181チップを搭載して、ロジャー・ヤマナシの相手の先生が自ら骨董の腕時計の中から得る19世紀末、20世紀初めの半製品のチップを探すので、原本がすぐ含んで3含んだ時間を知らせて、万年暦と時間単位の計算が表す機能を積み重ねるのを聞きます。

RogerDubuisロジャーとヤマナシは相手は2015年にこの直径の60ミリメートルの精致な懐中時計を出して、RD181チップの変身して独自の旗印を掲げるになったのが作品を秘蔵するのを、利用してブランドの創始者に崇高な敬意を送って、そのためチップの上でロジャー・ヤマナシの相手の先生の署名を彫り刻んでいます。この懐中時計の持つ者は時計の鎖の各一環を5Nバラの金に注文して作らせてになって個人情報の小さい額の札を彫り刻み製造して、。

それ以外に、懐中時計の後かぶせても同様に取引先の要求に従って独特な署名と個性化の銘文を積載することができます。2年の研究開発が製造する時中、RD181チップの占用した1、950時間の中、700時間が修復作業に用いるのがあります。

その万年暦が改造を経て同時に2つ入れることができる跳びに逆らって表示して、人をさせて最初RogerDubuisロジャーヤマナシ彼時計工場の自分で研究開発して生産した万年暦がモデルを表しを思い出します。

この1のチップを修復して20項の異なる専門と技巧を結び付けるのが必要です