航海するズックはBlancpainブランパンの50噚シリーズの最も偏愛する腕時計のバンドの材質で、1953年の第1モデルの生産開始の発売するダイビングの腕時計の誕生から今なおそのまま用いて、すでにブランパンの“水中のサムライ”の重要な標識の中の一つになりました。初期使う時、より多く航海するズックの腕時計のバンドが高い密度があって、強靱にまた弾力性などの特徴を高く備えるのを考慮に入れるので、全く軍事行動の中の苛酷な要求に合って、だから専門の信号システムの装備として多い国海軍と海底研究チームが深海に潜りに伴います。それ以後、それの吸汗は、またをきれいに洗うのが摩擦に強いのに都合よくて、かつ使うのがもっと長くて、外観はもっともっと多い人々の愛顧を勝ち取ったストーリ性の独特な風格がありに見えます。だからズックの腕時計のバンドの紳士を選ぶのが必ず熱意がこもる水上運動の愛好者で、彼らが絶対に気にしないでこの腕時計は異なる服装によく合うことができるかどうか、更にそれの積載した専門機能と歴史の伝統を重視して、きっとダイビング精神のが追随者、正真正銘のスポーツの達人を固めるのです。

航海するズック――激情の激しくぶつかり合うスポーツの達人