水があふれていて紺碧ときらきら光る金色の光は入り乱れて輝いて、ジャークの独ルーマニアの手作業の技巧の精髄の金箔の彫りのエナメルが凝集して、便はこの3モデルの限定版の専属の腕時計の上で大胆に開放します。

直径の39ミリメートルの小針皿(Petite Heure Minute)の腕時計、直径の50ミリメートルの懐中時計、および近頃この技巧の直径の43ミリメートルの大きい秒針(Grande Seconde)の腕時計の時計の文字盤の上で採用して、構図はきめ細かくて精巧で、作って更に天然自然の物より勝ります。夏のドイツの良い芸術の労働者の坊の名匠達を引き延ばして、扇グラフを運用して扮してジャークの独ルーマニアの偏愛の花卉の世界を解釈しに来ます。藍鋼のポインターは紺碧の時計の文字盤と互いに呼応して、赤い金は殻を表して黒色あるいは青いワニの皮バンドによく合って、きらめくきらきら光る金箔の彫りと入り乱れて輝きます。

3モデルの腕時計は全て8つ制限して、それらはジャークの独ルーマニアの芸術の労働者の坊の巧みで完璧な技巧の完璧な体現なだけではなくて、人類の手製で作る米が時間の境界線の最新の証拠を越えるです。

紺碧の空の1筋の秋――ジャークの独ルーマニアの金箔の彫りのエナメル