中国の華為会社は9月30日にアラブ連合共和国ドバイで中東地域に向かって新作のスマートフォンMateSを発表して、そして同時に所属の第一モデルの知能腕時計W1を出して、華為の湾岸地域での主要なパートナーとメディアの代表の約500人は新型の発表会に出席しました。

その夜の発表会のテーマは“タッチ力”です。華為消費者業務グループの中東地域の副総裁の桑とDepew・試合は良いはの(SandeepSaihgal)を彫って発表会の上で表して、中東地域は華為の業務にとって戦略の意味を高く備える市場です。今回の出したMateSはもっと多い革新設計と技術を集結して、ユーザーの設備に対する体験とインタラクティブ方法を変えるのを目指して、豊富な機能と同時に使いやすさ性と創造力を強化します。華為の腕時計は設計中でもっと多いユーザーの異なる趣味のオーダー制の需要を吸収して、伝統のすばらしい円形の時計の文字盤設計、で40のたくさん異なる表面に達して思うままに各種の材質、色の腕時計のバンドを切り替えてと選んで、技術、流行、に対してユーザー味わう完璧な追求を満足させます。

華為の端末の中東地域の総裁の焦健は言って、華為の知能家電製品はここ数年来中東で特に湾岸地域の市場の振る舞いが素晴らしくて、販売の業績は増長しつつあって、彼は今回の出した新作の携帯電話と腕時計が当地の消費者をさせて華為の技術の実力に対して更に深い認識がありを信じます。

調査によると、華為は全世界のリードする情報の通信技術の供給商として、10数年来中東の各国の通信事業者との協力は絶えず増加して、特に近頃最終生産物の市場上のは力を出して注目させます。2013年から華為は全世界のスマートフォンを昇進させて商品を出して3位を量って、Mate7、誉れの6は以前華為の携帯電話にもアラブ連合共和国、サウジアラビア、エジプトなどで中東国家があかぬけしている販売の業績を得たように待って、市場占有率は持続的に上昇します。

華為は中東地域で新作MateS携帯電話とW1腕時計を発表します