Apple Watchの最大のセールスポイントは何ですか?アップルの政府から角度を紹介して見に来て、心拍を測量するのは中の一つです。しかしもしもたまに不確定性でやはり(それとも)人を少し慌てさせました。近いうちにアップルの技術サポートのフォーラムの上で反映する数名のユーザーがあって、彼らが運動していて過程でApple Watchは誤った心拍値の現象を表示するのが現れて、その上アップル政府のが機械サービスをかえた後にを通じて(通って)、間違うのは心拍値の現象が依然として存在するのを申し込みます。

たとえば1名のユーザーは表して、彼のApple Watchをつけて過程で一連で激しいスポーツのを行う、腕時計上の心拍値は区間が60―80回、毎分彼しかなくてこの時の心拍140回/分であるべきだと思いを表示します。

アップルの公式サイトの紹介の情報によって、異なるスポーツのタイプはApple Watchの表示する心拍値に影響します。いくつか法則的運動を行う時、たとえば走って自転車に乗って、AppleWatchの表示する心拍値は比較的真実なデータに接近します。しかしもしもいくつか不規則運動で、たとえばテニス或いは、ボクシングの時に、Apple Watchが平均するデータを獲得しにくいため、そのため表示の心拍の時比較的大きい誤差が現れます。

Apple Watchは心拍の測定誤差の現象が現れますが、でも以前それも1人の米国の少年の命を救ったことがあってことがあります――こちらの少年はスポーツでその後体が調子が悪いとの感じるため、その上Apple Watchが高すぎる心拍を表示するのを見て、それから直ちに病院へ急いで、更に悪い意外な発生を免れました。アップルCEOティム・クックがこの点を知っている後に、また(まだ)少年に1部の全く新しいiPhoneを贈呈して、かつまた(まだ)提供して彼ひとつのにアップルの実習する機会に入ります。

ユーザーはアップルの腕時計の心拍が不確定性であることに不平をこぼします