それとも腕時計はインテリジェント化を始めますか?

知能腕時計のブランドPebbleの創始者EricMigicovskyは近頃の催しの2014ベルリンのインターネットのトップ会議の上で言論を発表して、5~10年間に思って、知能腕時計は伝統の腕時計に取って代わって普及を実現するでしょう。見たところ知能腕時計の普及の道は一部に2分けて、一部はあれらに伝統の腕時計のユーザーをつけて知能腕時計に変更して使用するように説得するので、もう一つのは一部はあれらの原本に決して腕時計のユーザーをつけて知能腕時計をつけに来ないように説得するです。

米国調査研究機関Kantarは知能腕時計に対して関連している調査研究を行って、米国の本土のユーザーの中で、知能腕時計の普及率はとても低いと言うことができて、この方面の屈折はこの新興市場を出てとても大きい潜在力があって、一方ももっと多いユーザーの知能腕時計に対する理解が私達の想像した高がないようなことを表明します。

華為WATCHも近日に中国市場をログインします

しかし知能腕時計は確かにひっそりしてい腕時計に対して進撃を始めて、今年4月、アップルは所属の第一モデルの知能腕時計AppleWatchを出して、開いてアップルを売るが今なお依然として公布のこの腕時計の販売量がなくて、しかしとっくにAppleWatchの販売量が予想するに仲が良いと表す調査研究会社がありました。AppleWatchの良い売れ行きは自然とスイスに対して業を表していて衝撃をもたらして、スイスの腕時計は今年に全体の売上高が同時期と比べて12%下がったのを表示するデータがあって、あれらは明らかに真っ先にAppleWatchに引きつけられる数(何)千つの予算のひとつの腕時計を買いたいユーザーがあって、あれらのクラシックの腕時計のブランドではなくて、当然だAppleWatch以外、AndroidWear陣営もそびえ立っていて、サムスンは下半期にも流行する角度から切って入れて2モデルの知能腕時計を発表して、華為の発表する知能腕時計HUAWEIWATCHも今日に正式に中国のユーザーに向かって開いて売って、しかしこのように更に富む実用性のまた最新流行の製品があれらのクラシック比較的単調な腕時計を対比するのが自然と1つの更に理知がある選択です。同様にこのような製品も広範に若い人に受けられるのを始めて、さすがにスマートフォン、社交ネットワークはすでに若い人の生活の中で今最も不可欠な一部分になりました。

知能腕時計は更に流行っていますか