腕時計の行為の時大衆が広範に認可した後にに計算して、それのそびえ立ったスピードは感心して、芸術と人類の美学の発展を飾りに従って、腕時計も次第に実用的なの、に向かって完璧に発展して、しかしまたどのように発展して、バセロン・コンスタンチンの芸術の大家のシリーズに似通って、すでに美学を腕時計の理念に溶け込んで発揮してとても送って、続いて、どのように性能を通して、同じではない世界が現れるのは人に期待させたのであるでしょう。

パテック・フィリップの5102PR―001は天体の運行の中から霊感を得て、自分の技術ときんでているチップ性能を利用して、大衆に1つの美玉の世界を持ってきました。

きんでている性能の体現している美玉の世界