アテネのブランドは1846年に創立しますが、しかもとっくに天文航法の時計の上でとても高い業績を獲得して、しかしその近代的な多くて有名な時計のモデルは1983年からです。当時RolfSchnyderはすでに破綻に迫ったアテネ(UlysseNardin)のブランドを買い付けて、そして青年の表を作成する師LudwigOechslin教授と協力を展開します。この協力それからずっと持続的に近い20年、その間無数に時計界の開始性を驚かせてモデルを表して次々と出して、同じくアテネのブランドを改めてトップクラスのブランドの列に帰ることができます。この角度から言って、私達もアテネを1つの新興のブランドに見なすことができます。

アテネのブランドについて、話題にした複雑な表を作成する技術と開始性の時計のモデルが誠実なことができます多すぎる。天文表の3部作(曲)、動態人の偶数の3は時計を聞いて、思うままに全部で調節することができる万年暦は表して、全部出しているその時世界の腕時計の愛好者、に家、収集家達を鑑賞して巨大な意外な喜びを持ってきました。単に陀はずみ車装置の時計のモデルにとって、最も有名なアテネは珍しく(Freak)シリーズを考えたのに勝るものはないをの表しました。1997年、250周年ブランドの創始者と近代最も偉大な表を作成する大家AbrahamLouisBreguet誕生を祝うため、ブレゲは陀はずみ車の設置するデザインコンテストを催します。その時相手の所属APRPチップが労働者の坊の表を作成する師CaroleKasapiを製造して1モデルで殻へりの回すチップ装置を表して金賞を獲得するのをめぐりが好きでした。アテネはあとで彼女を自分の設計部門まで(に)掘って、そしてLudwigOechslin教授の指導(者)でおりて、更にこのようなを概念に設計して現実になりました。4年余りを通って努力して、2001年のバーゼルが展を表す上に、第1モデルのFreakが珍しくてシリーズの腕時計は世間に現れたくて、全世界を驚かせます。これは1モデルが7日の動力備蓄物陀はずみ車―を備えてラッセル装置を押さえるので、時計を整えて冠を表すポインター、時計の文字盤、がなくて、1枚に頼って(寄りかかって)表すに沿って回転の複雑なメカニズムを閉じ込めて時間を指示するだけありに来ます。

話題にした複雑な表を作成する技術と開始性の時計のモデルが誠実なことができます多