ランゲの製造する1815腕時計のシリーズ、人にしかし思わずその年ドレスデンで生まれた薩克森の精密な表を作成する業が人を作りに始まってなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲがかかりを思い出させます。1815年もヨーロッパの歴史の上の1つの転換点です:ナポレオンはワーテルローの最後で戦ってと大敗して帰ります。ウィーン会議は全く新しい国際秩序を制定しました。発明を革新しても工業の時代のご光臨を加速して、もっとなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲのそのような若い人がかかって限りがない霊感を持ってきます。1815年に出すデビッドの安全灯便は多く新しく中の一つを発明するのです。

深く突っ込んで底:薩克森弗莱貝格(Freiberg)が“ReicheZeche”の立て坑を抑える下の鉱山労働者の安全灯と1815 RATTRAPANTE PERPETUAL CALENDAR、その時のため懐中時計は非常にめったになくて、鉱山用ランプも時間の表示機能があって、労働者は鉱山用ランプの火の手の持続時間で労働時間を計算するのに慣れます

中世からずっと薩克森の豊かな源の採鉱業で、1815年に重大な突破を迎えました。これは後ろに全世界の数千の鉱山労働者の生命を救っていて、そして新しい資源開発します。1815年、イギリスの化学家のハンフリー・デビッド(HumphryDavy)はみごとに安全灯を研究開発しだして、取り除いてその時鉱山労働者の地の底で働いた一大が脅して、メタンガスが爆発するです。立て坑の中のメタンガスの濃度が臨界のレベルに達する時に、最小の火花がでもたとえ致命的な爆発を誘発するのですとしても。

デビッドは観察からわかって高い爆発性のメタンガス/空気の混合物を備えて、直径に限って3.5ミリメートルの狭いからだの金属管の中で点火するのより小さいことはでき(ありえ)ないです。これが彼を啓発して鉱山用ランプの火炎をかばんに置く緊密なシルクスクリーンの円形チューブの内にあります。結果は非常に成功して、金属の熱コンダクタンスは可燃ガスの温度以下に点火するに維持して、それによってメタンガスが爆発するのを防止します。この発明のもう一つのよいところ、いかなるメタンガスがメタル・ラスを通って担当区域内に入るので、火炎のてっぺんはでもライトブルーの火の手に燃え上がります。今、鉱山労働者はこの絞りの大きさを通すことができて、空気の周囲のメタンガスの濃度を判断します。

でも、デビッドライトは欠点もあって、シルクスクリーン上形成する煙とほこりで光度を下がらせます。しかし、機知に富む薩克森人はすぐ融通のきく方法が見つかります。1884年、茨からの維は(Zwickau)のカール・ウルフ(CarlWolf)を試験して硼珪酸ガラスの管理する蒸気の灯火に付いていて得て特許を公布するのに任せます。このライトは煙とほこりを蓄積することはでき(ありえ)なくて、燃やす時更につやがあって、出した後に大きく歓迎を受けて、Friemann&Wolfはすぐ全世界の最大の鉱山用ランプメーカーになりました。同一の時期、ランゲも薩克森の表を作成する技術の代名詞になって、国際に名を揚げます。

弗莱貝格のの“ReicheZeche”に位置して1384年に生産に入ります。これは記録から薩克森の最も古い立て坑があるのです。この立て坑の所属Himmelfahrt―Fundgrube、区内最も大型と生産高の最高な鉱山(物)場だのでことがあって、千条のレベルの坑道を持ったことがあります。今日、ここは世界で有名な鉱業技術の学校になります──弗莱貝格工業大学(TUBergakademieFreiberg)の管理する研究と育成訓練鉱山(物)場。

ランゲの1815と薩克森の重要な発明