この時計はプラチナ金版のために自動3は時計を聞いて、構造の特殊性のため、3は普通を表してでも手動のチップを使いに聞いて、そして自動が多くなくて、それ以外に、この時計はこの特殊な構造があるだけではなくて、同時にまた(まだ)逆な式を跳ぶ万年暦と月相を搭載して2項の機能を表示して、実際に属するのが珍しくて、年度大体2010年です。内部はR27―PS―QRチップを搭載して、ジュネーブの印、22k金の自動的にミニ振り子陀に付いています。腕時計のサイズの46*37ミリメートル、厚さの12.5ミリメートル。

2013年6月10日の催す一次サザビーズのオークションの上で、1枚の白色の盤面の5013Pが現れたことがあってことがあって、最終は461000ドルで取引が成立します。資料によってパテック・フィリップの第一モデルのやさしくなって自動チップを表示する、3が聞く、万年暦と月相機能の腕時計、現在のところのよくあるプラチナ、黄金とバラの金バージョン、プラチナの金のとても少ないの。

Lot 160パテック・フィリップの5013P(あらかじめ値段を見積もる38万―58万瑞郎)