2015年はオランダの後で印象派の画家のゴッホの没後125周年で、当たる時、スイス高級制表ブランドジャガー・ルクルトとアムステルダムゴッホ博物館の協力で出したのが式のエナメルの彩色上絵の腕時計《ヒマワリ》に隠れてその時に大きい影響があって、それもゴッホ大家の万年の代表作品です。

今年ジャガー・ルクルトは第2モデルオランダの著名な画家のゴッホの敬意を表したのがシリーズの腕時計をひっくり返すに出して、この自画像は作者の抱負を含んでまた作者の心配を含んで、この点はゴッホでアルルの妹のウィルに書く1通の長い手紙の中から実証を得ました。今回はエナメルの描く特殊なテーマを画家の1887―1888年の自画像を隠れるにするのです。この絵の現在のところもアムステルダムゴッホ博物館の永久の館所蔵の中の一つです。

この新作は依然として2層の秘密の時計の文字盤設計で、最も外部は基本的な銀色の時計の文字盤で、アラビア数字で列車のレールの分の目盛りによく合います。ジャガー・ルクルトは作品を整えて小さいでエナメルの技術を描いて時計の文字盤の上で描写するでしょう、おなじな巻上げブラインド式では展示して、使用者は右の上でつまみの自由の切替ことができますを通じて(通って)、大いに異なる視覚の印象と感想を持ってきます。弾いて殻2時の回転円板を表して、外側の時計の文字盤は幕のようにゆっくりと片付けて、隠れて下層部の超縮小化のエナメルで絵を画きを公にしだします。

プラチナの金の材質は殻を表してジャガー・ルクルトの自分で作るCalibre849チップを搭載して、このチップの厚さは1.85ミリメートルしかなくて、比較的熟している1枚の超薄のチップだと言える、動力は35時間貯蓄します。この腕時計は4つ制限します。

ゴッホ大家の肖像画が創作して風格のテープ装てんにシェークダウンがあります。彼の自画像も確かに彼を体現していて風格の上で試験する意図を行って、ジャガー・ルクルトのブランドDNAのように、ジャガー・ルクルトごとにのの時に計算してすべて表を作成する労働者の仕事場の専門技術と巧みで完璧な技術を実証しました。絵画芸術を表を作成する技巧と互いに結合するブランドがたくさんですが、しかしシリーズの腕時計をひっくり返して完璧に画をと巧みで完璧な技術が結び付けるのしたたっていて最も送りに行うことができるジャガー・ルクルトがしかありません。

ジャガー・ルクルトゴッホに向って敬意を表するまた1の新作