Classique 7137腕時計の霊感は直接ブレゲのシンボルから源を発します――有名なNo.5懐中時計。1794年、ブレゲ先生はまず月相この機能を懐中時計に取り入れて、これその時の聖米亜特伯爵のために注文して作らせるブレゲNo.5懐中時計。No.51787年4月に初めは開発して、至って1794年3月にやっと最後に完成を作ります。この懐中時計はNicolas G. Hayek買って帰って、そしてずっとブレゲの博物館で隠れます。これは2百数年来ずっと広く称賛の時計のモデルを受けて、世界に名が知れている“perpétuelle”のシリーズの時計算する第2陣の作品として、世界の一流の表を作成する大家の地位としてブレゲ先生を打ち立てて、月相のウィンドウズ、動力は表示を貯蓄して組み込み式小さい秒針の時計の文字盤の構造とブレゲのクラシック設計の風格を打ち立てました。

7137の完璧な受け継いだブレゲのクラシックの風格、2時月相は10時の動力と貯蓄して遠くから相呼応することを表示するのを表示して、6時人は期日のために表示して、中央のの時に、分ける透かし彫りのブレゲの藍鋼のポインターで表示して、そして超薄で自動的に鎖のチップに行って駆動して手製で銀めっきの金の時計の文字盤の上の各機能を彫り刻みます。時計の文字盤は伝統の手作業を採用してパリの靴を彫り刻んで紋様の図案を打って装飾して、期日太陽の紋様の図案なるを表示して、光線ごとにすべて1つの期日指して、45時間の動力が貯蓄して縫ってFlinquéで紋様に扮するのを表示します。時計の文字盤の上の扮する紋様は月相のために興を添えるのが多いをの表示します。サファイアを通す水晶の底はかぶせて、手製でチップの複雑で華麗な一覧を彫り刻んで余すところありません。クラシックの風格、月相で再現します。モデルを表してまた(まだ)用意する選ぶことができる黄金とプラチナの2種類のデザインがあります。

ブレゲNo.5懐中時計 ブレゲのすばらしいシリーズClassique 7137腕時計