ドイツの統一に従って、伝統の表を作成する業は再度再び生んで、Glashutteは1つの卓越制表業センターの独特な風格と影響力も改めて蘇るのとします。新興の腕時計の制造業の第1人者―NomosがすぐGlashutte百年以来の時計を伝承して歴史を製造するのとして、きわめて優良品質の機械的な時計を造り出して、Glashutte発祥地の高い名声に続いて、このようにのため、Nomosはのなる国宝の腕時計ようやくドイツ人になることができます。

Nomos総裁RolandSchwertnerは“設計するのが製品のうわべで決して停止しないと思って、持続的に私達とでNomos腕時計の人々の間の設計関係をつけるのです。”そのためSchwertnerは一人一人のNomos腕時計の持つ者がでも1枚の所有権を得て(それが買って順番の時計に付いているのに従う)を証明するのを堅持して、このように最も親密な設計の目的はこの腕時計がメンテナンスが必要な時最も速く最も整っている処理を得ることができるのを確保するのにあります。SchwertnerはこのようなサービスがNomos腕時計の設計の概念の中でので統合するのだと思って、Schwertnerのが堅持するため、今日Nomosが制の腕時計臻Nomosを産してすでに完璧な境界、たとえとしても最も困難で苦しい環境中、依然としてようやくその志を改めないで、人に賛嘆させる腕時計を造り出すことができました。

Saxonyは続くのは19世紀に最高な品質の華麗な腕時計を製造して名声を聞く高級な腕時計の伝統、を製造します。しかし戦後のドイツにあって、Glashutteは次第に世間の人に忘れられました。ドイツのは再度統一的にこれらの表を作成する業の伝統に再び生むように促して、新興の腕時計の制造業の第1人者――Nomosが優良品質の機械的な表を造り出してきわめて、再度Glashutteを有してきんでている表を作成する業の発祥地の高い名声とするのとします。

Nomos腕時計はきんでている品質と独特な設計の手作業を持って機械が表すのです。ただ非常に優秀な材質はNomosの構造の中で使用、その上時計の職人がきわめてずば抜けている腕前で、製作の過程のすべての部分、すべての措置中で、ようやく最も注意深い加護と関心を与えることができます。Nomosの設計は特に集中して1本の腕時計の性能で可読性を表現しますおよび。

Nomos腕時計のラチェット(ratchet)はとと車輪(crownwheel)に相当して、すべて伝統Glashutteのあばら形ですべて精巧な環状の筋模様処理で装飾、palletcockと底面を行うのです。Nomos正面のねじ、へりに1つの斜面の角度がある、かつすずで平面にある上できわめてきめ細かい筋模様処理を行って、至る全くつるつるしていて完璧です。高温の300度まで(に)加熱する時、白色のねじはコバルトの青いのを回転するでしょう、たとえ内部の孔(さん)だとしても同じです。このようなかすかな関心に対して正に伝統Glashutteの求める品質です。ラチェットの上のねじはおよびと車輪に相当してもすべてとても明るいのをぴかぴかに磨かれて完成しますと言えます。

Glashutteは1つの卓越制表業センターの独特な風格と影響力も改めて蘇るのとしま