誰がオメガの作ってことがある17回を打ち破ってオリンピックの時間単位の計算の権力の記録を独占するのですか?科学技術がクラシックにあう時に、どんな火花をぶつかりだしますか?

中オリンピックの閉幕式の上で“東京の8分”を誘って、全世界に日本の2回の元の+ハイテクの気持ちを展示しました。Perfumeチーム+椎名のワリンゴの製造する音楽のつやがある影盛大な宴会、回の元の境界線を打ち破って、大量にARと3D投影の技術を運用して、協力する動感の音楽、東京に世界の目の前で一回のとてもはなやかな見得に来させました!

しかし2020年の東京のオリンピックの期待に対してと同時に、科学普及ちょっと1964年の東京のオリンピック。一つの日本の研究開発する黒い科学技術があって、世界が注目する焦点になります――セイコーエプソングループ(その時諏訪のセイコーと称して捨てた)の自主的に研究開発する水晶の精密な時間単位の計算はサイクルコンピュータを表して印刷します。オメガを打ち破って17回がオリンピックの時間単位の計算の権力の記録を独占します!その時ずっと行かない1つの考えのセイコーエプソングループ(その時諏訪のセイコーと称して捨てた)の人の脳裏の中で振ったのがあったためです:東京でオリンピックをして、東京のオリンピックは必ず本国の時間単位の計算の製品を使わなければなりません!そこでセイコーエプソングループ(その時諏訪のセイコーと称して捨てた)求めたの“省、小さくて、精密な“の表を作成する理念の駆動下で、水晶の精密な時間単位の計算はサイクルコンピュータを表して印刷して東京のオリンピックの競技場ので上で現れて、世界を驚かせます。

エプソンは製造します 引き離すクォーツ・ウォッチの序幕

このような、52年前での東京のオリンピック、エプソンは水晶の精密な時間単位の計算を使ってサイクルコンピュータのはなやかになった世界を表して印刷して、時間を再定義で、かつそれから引き離して研究開発して石英の時計の歴史の序幕を製造します。、は1969年12月25日に全世界の第一モデルのクォーツ・ウォッチSeikoQuartz Astron35SQはK.から Hattori & Co. Ltd.(現在セイコー腕時計会社だ)発表して、エプソン(その時諏訪のセイコーと称して捨てた)の研究開発は製造して、石英の時計を時代の寵児にならせます。

日本の科学技術のはなやかな世界