1.絵画が正式に始まる前に、まず底の殻にある上で一層の変形抵抗のエナメルの釉の色彩、を覆って金属があぶって過程でその表面塗数層の白色のエナメルの釉の色彩で、を変形するのをあぶりを防止します。

2.続いてきわめて細い筆を使って、きめ細かく精巧で美しい図案を制作しだして、最後はまた数層の無色で透明な釉の色彩を塗りつけて、20回の大きい見える火処理の工程が必要で、は一回焼いてすべて900~1200度の高温の下で行って、これは全体のエナメルが作って過程で最も1歩リスクのを備えるのです

3.小さくエナメルの神秘を描くのが円熟の域のが時間を掌握してベーキングに対して訴えるのを、絵を描いている経験のエナメル師がある前に精確に算出してどう何度もベーキングだを通じて(通って)ようやく欲しい品質を得ることができるかを要します

小さくエナメルの最も難しいのを描くのが実は2時で、1時(点)は混じる色で、1時(点)は絵画です。小さくエナメルを描いてまず絵の具を調合しなければならなくて、時にはなぜかというと異なる色の間の接続は漸進的変化の効果があって、エナメルの大家は真っ先に一致する色を割り当てださなければならなくて、ベーキングであることを考慮に入れる時の化学反応、色は変化して、ようやく描いてその中に入ることができます。絵を画く時顕微鏡下で手製で40時間ぐらい制作しなければならなくて、少しの筆触はすべて精密ですごく正確で、誤り制御は0.2ミリメートル以内にあります。

秘密にして発表しない技術