イギリスの首相のウィンストン・チャーチルは1928年にブレゲに自ら臨んで腕時計を買っのでことがあって、1枚の通し番号はNo.です765のブレゲの腕時計は更にそれ一生に伴います。この並外れている時間単位の計算が時計が3配備するのを積み重ねて時間を知らせてと飛んで秒針機能に帰りに聞きます。チャーチルは過去何回もそれをブレゲに返して保養して、それは気持ちを特に可愛がって言うまでもありません。1人の偉大な政治家と演説家として、チャーチルの政治の上のは誰の目にも明白です。今回のイベントの書物はチャーチルの手稿の真筆と現場の講演のオーディオの資料を展示します。きわめて面白いのは、展覧の中でラジオを書物中で象眼して、来賓はそっと対応する押しボタンを押してすぐチャーチルの偉大な講演を耳にするのでさえすれ(あれ)ばことができて、政治の指導者の盛んな気勢と偉容な心を経験します。

チャーチルはとその一生のブレゲNo.765に伴います