映画、芸術の表現する形式です

映画業界の人が内心を探求するのもで、自己の過程を掘り起こします

ルネッサンスの時期に最も有名な天才の達文西は一生すべて科学と美学の暗証番号を解読しています

精神の考えの方法を開始して啓発したのをそれに高く備えられます

スイスの表を作成する名家のシャフハウゼンIWCIWCいっしょに3人の映画業界の人

共につやがある影の世界の内外の美学の真の意味を探求します

解読の人生の純粋な米

彼女は美しい風格を開始しました

イラク莎のベル・PareでIWC万国をつけて文西の自動腕時計の36を表現します(型番:IW458307)

生まれつき冷ややかな顔のイラク莎のベル・を持参するのがPare(IsabelleHuppert)で標準的なスクリーンのスウィートではなくて、影の50近く年間から開始しだして風格の純粋な米をひとつだけ持っています。《編む女の子》、《ボヴァリー夫人》、《ヴァイオレット・承諾する珍しいeiなんじ》、《女の風流な事柄》、《ピアノの教師》、あまり挙げる現代のフランスでない更にはヨーロッパの映画の中で、彼女は取って代わってはいけない伝奇です。マイケル・哈内克が彼女“を評価しのでことがあって極致が心身の苦しめられた苦しい立場を表現することができて、同時にまた(まだ)かたい知識人の風格を維持して、両者を結び付けるのがこんなに良いことができて、私はまだ2つ目を見たことがないです。”

Pareで自分で焼き入れして冷やかで感動させる心の米を精錬します。彼女は落ち着いている下のヒステリーを表現するのに優れて、女性と力の衝突を展示するのに熱中して、役のが選ぶにもたいへんけちをつけて、よくただあれらだけを演じて大幅で個性的なきわめて強い高の難度の役があります。去年に上映した映画《彼女》の中でPareでまさに言って、“私がとても気が狂っているのを知っているのが何でした”のようだ。すべての“気が狂っている”を芸術に投じて、Pareで芝居の作品の中で絶えず人間性の深さ、強い勢い主導的なの自分の人生を探求します。

第70期のカンヌ映画祭(Cannes International Film Festival)はすでに2017年に5月17日に厳かに開幕しました。その中、マイケル・哈内克の監督、からPareの主演する《楽しい結末》(HappyEnd)で映画祭の主な競技ユニットに入選します。この映画は1つのフランス北部の中産階級の家庭を述べてムスリムの難民の持ってきた各種の生活と精神の上で困るストーリに直面します。

IWCいっしょに3人の映画業界の人解読する純粋な米