もしトップクラスの表を作成する領域を除いて、1つの領域はもしもブレゲの一族に名をあげて万立つことができます、それでは少しも疑問がない一定は航空業です。“ブレゲ”のこの名前を話題にして、人々がのを連想することができて高級に表を作成しがあるだけではなくて、航空の工事がまだあって、“ブレゲ”は世界の航空の事業の発展する先駆者を推進するのと言えます。この声望のはおじさんによってめったにない―ルイ・ブレゲ(Abraham―LouisBreguet)の先生の第五代の孫の世代のルイ・チャールズ・ブレゲ(LouisCharlesBreguet)を引き延ばしを創立します。彼はブレゲの大家の創造精神を受けてその通りにして、先祖の一度も足を踏み入れたことがない航空の領域で偉大な功績を作りました。

ブレゲと航空の分からない縁

ブレゲのブランドの第五代の継承者のルイ・チャールズ・ブレゲ(1880年―1955年)、22歳の時一族の労働者の坊の首席の技師のため任命させられます;24歳はアシンクロナス電動機の理論を出して、その時のフランスの潜水艦の研究に影響しました;27歳は第1機の人を載せる回転翼式航空機を造り出してそして飛んで地面を離れます;彼は自分の名字の命名する航空機製造会社で創立して、有名な“ブレゲの14型”は第1次世界大戦の中で戦ってと有名になります;彼は最初風洞の空気動力学の実験する人を建築するのを出すので、最初水上飛行機を設計する人;彼の設計した“ブレゲの19型”の飛行機は初めて完成してパリからニューヨークまで(に)北大西洋の中断しない飛行にまたがります;彼もエールフランス(AirFrance)の創始者の中の一つです。

絶え間ない深耕の航空の業務と同時に、ルイ・チャールズ・ブレゲはずっと祖先は表を作成する領域の傑出している業績だに対して敬意が胸にあふれて、だからも開発してパイロットの腕時計を生産するのを始めます。1935年、ブレゲはおして飛行する時間単位の計算の腕時計を告発します。約20年後に、ブレゲはフランスの軍の側のためにTypeXX時間単位の計算を開発して時計を積み重ねます。1980年代の初め至って、フランス国家空軍と海軍は依然としてこのモデルの名声が高い時間単位の計算を配備して時計を積み重ねます。

さらに取り上げる価値がある1枚の時計のモデルは特殊に機能の精密な鋼の時間単位の計算に帰って表BreguetAncienne Type XX4100を積み重ねるのを飛びがあるので、これは初期の時に計算して1952年にブレゲ先生に“ブレゲの航空”の名義で買い取られて、そしてTypeXXモデルを表す設計の原本になります。このような歴史の源のため、ブレゲとフランス海軍の航空は複雑で入り組んでいる連絡を下へ結んで、Typeシリーズもブレゲの代表的作品の中の一つになります。

ブレゲ(Breguet)は大空の空の時間に組みついて闘います