北京が表すのは我が国が最初に自分の陀はずみ車装置のブランドをするので、そしてそれを“中華陀はずみ車”に命名して、その造型まるで1よく動いてひらひらする春の燕、そのためまた中華の魂の燕陀はずみ車を言います。

この“時空を通り抜ける”は中華陀はずみ車の父から南の大家に光り輝いて自ら刀を使って設計を許可して、時計の文字盤の上で象眼して20粒のきらきら光る天然のダイヤモンドを整えて、剛毅で力強いりっぱな剣型ポインターは大きいローマ数字とよく合って、古典で近代的な完璧な結合を形成して、気位が並外れています。腕時計は自分で作るTB01―2陀はずみ車のチップを搭載して、全体の部材は57全部で、宇宙飛行を使う材料のチタン合金は製造してなって、重さは約束がある0.2gだ軽い鴻毛。全世界はただ299だけ発売して、国産の名が愛好者のを表して必ずデザインの中の一つを受け取るのです。

北京Bejing中華陀はずみ車のシリーズは時空B009201419P機械的な男性を通り抜けて表します