セイコーはとても完全な時計メーカーで、それが自分でチップをする、殻を表す、甚だしきに至っては石英の結晶体さえ自分で作ることができる、しかも親民Seiko5から派手なクレドールまで(に)すべて異なる受け手の群体の需要を満足させることができます。今年はセイコーにとって特別な1年(すべてのシリーズの周年紀念はどのみちみんながでもこのように言う)で、2016年にその第一モデルの自動機械的なチップの初60周年紀念を示して、新しくて古い顧客のフィードバックに対してとして、セイコーPresageシリーズは1モデルの限定版SARW027腕時計が新たに増加しました。

Presageシリーズはセイコーの生産ラインの1つの比較的中に立った親民位置の測定がいて、Seiko5がもっと良いに比べて、を手に入れるのはしかもGS視覚の上でよりもう少し豪華です。今年上旬に発表する価格ラインの安い制限する時間単位の計算の漆器の時計の文字盤SRQ019&SRQ021がとても良い例であるようです。最もすばらしいのは、このシリーズは全く原産地で組み立てを製造したのです。

SARW027は霊感に1956年の第一モデルの自動機械的な腕時計をしを設計するにして製造したので、原型の黄金をそのまま用いた時標識とポインターとアイボリーの時計の文字盤、しかし12時の変位から9時にのが動くまで(に)造型の更に富む設計を蓄えて思ってしかも盤面で筋模様を増設して、更に6時に人は期日の表示皿を増設します。

40.5ミリメートルの直径は殻を表して、100メートルは水を防いで、45時間動いて蓄えます。冠所を表して標記するセイコーの代表性の蛇形Sがもあります。サファイアの水晶の底を通してかぶせて内部のセイコーの6R27の自動チップを観察することができて、でもその金制が陀を並べるのが特に見どころ(私もQvQをこのように考える)があるのではないと表す時計の謎があって、かえって大部分の機械の完成したチップの輝点がもっと大きくてで、全体的に良いです。

外かばんは決して多すぎる修飾をしなくて、ただ簡単に腕時計を1つの木製の箱の中で設置します。共に1制限して、956、値段を付けて1、100になりますドル(7641元)。しかも一モデルごとにすべて底で標識をかぶせて制限する通し番号があって、一手に良い気持ちの札を打ちます。

それは高くありませんて、しかし気持ちも買わないでくださいを知りません