オリエンタルの機械的な腕時計の中の軽くて贅沢な時計のモデルはすぐれて良い設計、最上の品質、きめ細かい仕事以外、細部の場所でも少しもいい加減にしないで、殻、腕時計のバンド、を表していて鏡、チップの各所を表してすべてつける者のために最も良い体験を持ってきを保証します。オリエンタルの軽くて贅沢な時計のモデルは、軽くて贅沢だのをシンプルに品質と流行が思うのが表現したの詳しく徹底的です。

軽くて贅沢な族に更にきんでている腕時計を持ってきて、今のところのオリエンタルも一度も自分の努力を出し惜しみしたことがません。大胆で、独特で、ハーフバック、そしてそれによって努力がクラシックになるのがすべての腕時計のデザイナーの求める動力がと準則を設計するのです。技術の絶えず進歩する今日で、機械は伝統の優美で機械的なのを受け継いで思うだけではないをの表して、いっそう近代的な科学技術の要素を溶け込みました。オリエンタルSDA02002W0半の透かし彫りの腕時計、設計するのはシンプルで高尚・上品です。落ち着いて上品にチップの細部の時計の文字盤を透視することができて、きらめく金属光沢の表す殻、きめ細かくてやさしい光沢のサファイアの鏡映面のガラスを配って、優良品質の7割引は鋼の腕時計のバンドを全部差し引きます。時間の足どりが始終変わらないで、しっかりとに従う前に良いポインター、時計の文字盤の下でいつまでも疲れない脈打つチップ、共に私達のために東方の星SDA0200シリーズのすべて自動機械の表す気高い風格を現しました。

シンプルな設計はオリエンタルのすばらしい技術と互いに結合して、流行と伝統を完璧に解け合って、精巧で美しい彫刻の芸術品に似通って、機械的な時計の品質の手本を作りました。オリエンタルSDA02002W0は私達の現れたのが軽くて贅沢なために品物の質感で、ハイエンドの上品な魅力、流行するに伝統間と熟練していて容易にできるのが現れるのがすばやいです。

エプソンはユーザーに更に範があらせます

表を作成したのが熱意がこもるに対して、時間の執着するのに対して、オリエンタルをいっそう自信を持って一人一人のユーザーと手を繋ぎに行かせます。2016年6月、もと東方のオリーの恩(北京)の時計業有限会社は正式にエプソン(中国)の有限会社に合併します。表を作成してやり始めるエプソンオリエンタルを正式に自分の大家族の中に組み入れて、そして“挑戦と革新”の経営の理念を引き続き堅持するを、“省は、小さくて、精密だ”の技術を運用して、職人の創意精神を受けてその通りにして、一心に研究開発して製品を製造します。オリエンタルの軽くて贅沢な範を伝承し続けて、軽くて贅沢な族のために更にすぐれて良い軽くて贅沢な腕時計に持って行って、ユーザーに更に範があらせます。

東方双の獅子の軽くて贅沢な範