頃の小針の盤面の中で完璧なのが現れて1枚が臻まで(に)つづり合わせて絵を埋め込みして、知恵、力と気高い象を象徴して、静かに一面の金色の稲田間でたたずんで、小型が象眼するのが詩のようだ絵のようです。それはみごとにベトナムの卵の殻の象眼する伝統の技術を参考にして、ウズラの卵の殻を採用して完璧に解釈して芸術との結合を革新して、詩のようだ絵のようです。

それの採用したウズラの卵の殻は微小でもろくて弱くて、色、形と純度によってそれぞれ選んで、全部で2、000数、それから伝統を運用して手製で技術を象眼してかき集めてなります。これが人の目がくらむ神の謎の装飾の図画に共につぶさせる時200時間近く、その上黒色のオニックスの時分針皿と光華のまばゆい赤い金は閉じ込める引き立てのもとで、全体の時計の文字盤の図案を表して、更に美感がもっと鮮明です。

卵の殻は時計の文字盤を成し遂げてつづり合わせて絵を埋め込みするのを象眼します