1月31日、日曜日、メルボルン、セイコーのブランドのイメージ大使Novak Djokovicは6-1 7-5 7-6で穆雷をイギリス名を打ち破って、第6回はオーストラリアオープンのチャンピオンを勝ち取って、前世紀に60年代作るオーストラリアオープンの6冠の記録同点に追いつきますRoy Emerson。

これは現在世界が第1のNovak Djokovicの獲得する第11のグランドスラムのチャンピオンの称号に位置するので、オープン試合の時代、独約科の維奇のオーストラリアオープンは頂上に昇って少なくとも他人に比べて2度多く出て、みごとに歴史を創造します。授賞式の上で、Novak DjokovicがセイコーAstron GPS衛星をつけて位置を測定するのは太陽の電気エネルギーの腕時計がオーストラリアオープンの賞杯を挙げます。

この腕時計が全く新しい両地を搭載する時チップ、つける者が現地時間にあったのを表示することができるだけではなくて、さらに1つの簡単に読みやすい12時間の表示の小さい時計の文字盤の中で郷里時間を表示して、そして独立するAM/PMインジケーターを添えます。それ以外に、盤面は2時に位置は飛んで週の表示皿に帰りが設置されていて、4時に位置は期日の表示ウィンドウ(2100年2月28日やっと手製で調子の学校一回)が設置されています。冠のの“電子の設定機能”を表しても腕時計のに学校の操作を加減するのが更に簡便にならせます。

セイコーのイメージ大使Novak Djokovic再度オーストラリアオープンの冠