スウォッチの制限する生まれ年の腕時計は依然としてそのすばらしい切り紙細工の芸術に続いて、さっぱりしていて上品な中国の風が現れます。この腕時計は“サルが呈するのが得意げだ”と名を付けて、清新な白色の時計の文字盤の上で1匹の赤色の魂のサルを印刷してあって蟠桃を手にあげて、すこぶる思う何分(か)の古典の人形の画面があって、聞くところによるとこのサルは古典の名著《西遊記》の中の主役の英雄の美しい猿王で、彼はこっそり蟠桃を食べるため、長生きして、ここからこの腕時計は健康で長寿の吉祥の寓意を持っています。

腕時計はコバルト色のプラスチックを付けてあって殻を表して、1条のプリントのシリカゲルの腕時計のバンドによく合って、光芒の四方に放つ赤い白と青い星明かりの図案を印刷してあって、この腕時計は全世界と中国のスウォッチの専売店にすべて売り出しがいます。

スウォッチの制限する生まれ年の腕時計――サルが呈するのが得意げです