第一は普遍的な何人かの落とし穴を前もって言っておきます。

多くの人は表す材質が決定して大部分の価格を表すと思って、18K金の時計と普通鋼の表す価格のギャップはとても明らかで、皮バンドと同じデザインの鋼は大きいギャップがあって、ドリルを持ってとあけるギャップがなくてもはるかにいくつ(か)のドリルの値段に止まりません。

言ったのはとてもなるほどそのとおりです、しかしすべて!

腕時計の最も値打ちがあったのは決して材質だではなくて、手作業です!それはしかし職人の先生の心血はありました!

加工して、磨き上げて、鍛造して一連の複雑な工程を待って、はるかにいくつ(か)の材料よりずっと値打ちがあって、多くの金の表す表す殻、18K金、その上空腹で、重量では実はそれでは1時(点)を見て、ゴールド価格によって計算するのは更に値打ちがないで、もしもあなたの金は重量でを表して売ったら、あなたは願いますか?

だから要らないで金に言及してと働いて、ゴールド価格によって計算して値しないでそんなに多いと言って、また(まだ)24K金才が、ロレックスやっと18K金がいくらだと言います。ただ金はこのいくつ(か)の字にまるまる人生の数十年の生活を味わって世の変転を経験して変化するように働いて、ロレックスが18K金の友達しかないがの嫌で、自分で方法が1つの24K金をつくるのが良くなりに出てきたのをも考えてみます。

だから、原料は最も値打ちがありますとは限らなくて、技術とブランドは価値の肝心な点があったのを決定します!

どうしてある腕時計はとても高いです