18K赤い金あるいはプラチナの金は殻/直径の42mm/Cal.を表します260MRは手動はチップ/プラチナの金のモデルは20制限します

この時計は至る所にすべて輝点、特徴、がぱっと光り輝くのだと言うことができます。見たところプノンペンのエナメルの時計の文字盤の実際の全体の底板を埋め込みするのがすべて黄金を使って作ったのです。時計の文字盤の下がブランパンの初めて採用したのが跳ぶの時と逆らう1分の機能を跳んで、2種類の機能は時計の文字盤の下にある小円の皿の中に集まって、逆に1分の欠けた所を跳んでちょうど跳びに残しておく時窓口、比類がない自然が調和がとれています。

時計の文字盤の上方はブランパンのシンボル的な飛行陀はずみ車で、かつこの中ブランパンが取り除くことができる添え板をで、橋を表してすべて取り除いて、陀はずみ車は一部はきわめてすっかり理解して、何本細くもしスプリングのがただ梁を支えるだけかを見ることができて、陀はずみ車を異常が精密なことに見えさせます。ひっくり返って背面を見て、手動で鎖のチップの全体の添え板の表面に行ってすべて彫刻の装飾、非常の高級を通ります。

都管ブランパンは”天地の良心珀”と言いますどのような良心法ですか?私達はこの時計を持ちにとって、機能がまだ技術なのにも関わらず、基本的にけちのつけようがないので、かつすばらしい中で特色を溶け込むのです。価格の間違って記憶しない話は110万のちょっと上回る(赤い金版)と130万ぐらい(プラチナの金版)しかありません。この価格の同じクラスのほかでのその他のブランドの大概は1つの陀はずみ車を買うことしかできなくて、ブランパンは陀はずみ車がするのを更にきれいになっただけではなくて、同時に“送る”あなたを返して+が時機能、エナメルの時計の文字盤を跳んで、チップの彫りがまだありを跳びに逆らいます。あなたはこんなに良い売り手がどこに探すかに行くと言いますか?

BLANCPAIN(ブランパン)のVilleretすばらしいシリーズが飛行して陀はずみ車跳ぶ時逆らい1分の腕時計を跳びます