それ以外に、天文台を受けてその通りにして精密で正確な性のシリーズの初志を表すのから、ランゲは便は19世紀末にすでに開始性の研究は出て1秒の機能を止めました。1枚の約1900年の作るランゲの3針は一筋面の懐中時計を開いて、冠を表して1秒の見事な構造を止めることができるのを抜き出しに付いています。今日、復興の後のランゲは同様にこの方面に精通して、別れと出会いの構造とてこを通して、時計の冠が引き出すことができる時、即刻引いて急速に回す並べる車輪をつくって、秒を止めるのを実現します。このようにする意図、ランゲが正確に調整して時間のよく考慮するに対して正にからで、伝統の機械を解決して表を作成して調整して時間が精確に1秒の難題に着くことができなくて、これは分秒の必ず相当する天文台の時計にとって、要素がなくてはならないのです。

ランゲの腕時計の特許は1秒の構造を止めます