ブレゲType XX腕時計が50周年出す時、フランスの海軍に属する航空兵が百年紀念するな時、ブレゲは改めてその有名な軍用の時間単位の計算を演繹して表して、そして技術の上で近代化する進歩を行って、ブレゲType XXIIシリーズの腕時計を出しました。2015年3月、ブレゲType XXII機械の時間単位の計算は時計が18Kバラの金のモデルを出しを積み重ねます。優雅で気高いバラの金の材質は更にこのクラシックの腕時計の独特な魅力を誇張して、腕時計は1枚がケイ素の質があってたとえ平和な空中に垂れる糸のブレゲの時間単位の計算を設置してチップを表しを積み重ねるのでもを捕らえるのを含んでいって、すでに10HZ(つまりまで(に)上がって毎時間72振動して、000回の)の振り子しきりに、それ比類がない調節の能力があります。時間単位の計算の秒針は30秒に1週間を完成して回転して、この時に計算させるスタート機能は目盛り精度と1倍高まりました。

ケイ素は”は材料の運用はそのもう一つの輝点で、チップのイベント部品の重さを軽減して、同じく高周波の発生する潤滑にする問題のため免れました。Type XXII時間単位の計算は時計が同様に飛んで機能に帰りを持ちを積み重ねて、その他に、第2標準時区を備えて表示を表すべきで、そして1つのカレンダーのウィンドウズに伴います。冠を表すを通じて(通って)、中央の時計の針を調整することができて、第2標準時区を変えて指示して、同時に分針に対して影響が生じません。3時に位置は24時間のために昼夜表示して、つける者が第2標準時区の覆う区域正に昼間があるように理解するのがまだやみ夜に役立ちます。茶褐色の時計の文字盤は赤色のが飛びとポインターに帰って鮮明な対比を形成して、そして1モデルとの対応した茶褐色の皮質の腕時計のバンドによく合います。

TYPE XXII 3880――全世界の第一モデルのケイ素の材質の10HZはしきりにシリーズの機械的な時間単位の計算を並べて時計を積み重ねます