本当の力の時に最新の出すDefy Zero G腕時計はブランドの最も得意とする高周波のチップの重ね着で載せて数年前の発明の特許―0重力(ZeroG)の調速機システムを設置したので、つまりいわゆる“ジャイロスコープ”は設置します。この装置は構造の上から陀はずみ車の範疇に属しないが、しかしその設計の理念と陀はずみ車は基本的で一致してで、すべて機械に表させる核心―調速機システムが動き出すことができるので、理論の上から有効なのが重力を相殺することができます。

デザインの特徴
1.腕時計の外で直接44ミリメートルで、厚さは14.85ミリメートルで、伝統の時計の文字盤がないのはサイドオープン設計を採用するのです;
2.12時の時に分針は表示して、9時に人は小さい秒針で、2時に人は動力備蓄物のために表示して、6時に人は0重力の調速機システムです;
3.針は時表示するの時と皆ロジウムメッキを採用して面を刻みを表示して、を通りますかSuper-LumiNova® SLN C1スーパー蛍光塗料処理。

チップ設計の特徴
1.本当の力の時のこのモデルは手動で鎖のチップの通し番号ElPrimero に行きます8812S,直径は38.5ミリメートルで、厚さは7.85ミリメートルで、部品の総計の324個、0重力のスピーダの部品数は139で、41粒の宝石軸受、奮い立つのはしきりに36000回の毎時間で、50時間動力備蓄物を上回ります;
2.本当の力の時に第二世代の0重力のスピーダ第1世代と比較的主要な違い:
まず、第二世代が体積を設置するのは第1世代の装置の体積の30%で、全体の体積が外観にとってのよいところに小さくなったのは第1世代ぐらいの盛り上がる“水晶が泡”をキャンセルしたので、スピーダは正面だと背面の普通で鏡(普通が引き分けしたのがあるいは必ずの弧度があるのだ)の間を表してひっくり返して影響を受けないことができます;
その次に、私を通じて(通って)第1世代が第二世代の0重力のスピーダの作る分析と(に対してもっと多い細部の資料に不足するため、ある画像から情報)を獲得することしかできなくて、第二世代装置は体積はなぜ小さくなったのか、原因はそれが第1世代の2次元の回転する骨組みから1維の回転する骨組みを減らしたので、注意深く2つの装置のとても明らかな特徴を見てみます。角度を設計するのから言って、第1世代は更に完璧な設計案であるべきで、理由はいわゆる万向の効果(航海の時計を見てみることができる)をやり遂げることができるので、ただ構造はあまりにも複雑です;第二世代は下がるために難度を設計するで、および難度を作って誕生しました。当然で、2世代の0重力のスピーダの腕時計を置いていっしょにテストすることができる機会があって、そのようにやっと更に説得力があって、どれの方案の効果は更に実用的です。

本当の力の時に0重力の調速機システムの腕時計