“OdessaTourbillon”
Odessa奥徳薩陀はずみ車の腕時計はTASAKI腕時計のシリーズの中派手なモデルです。非凡なアイデアは技術革新と両者に優劣がなくて、時間編んだ宇宙を述べました。奇跡のような作品はTASAKIすばらしい真珠とダイヤモンドを運用して製造しました。

プラチナは阿古屋の真珠といっしょに象眼して、立体の月のアウトラインを創造します。時計の文字盤は黒色の雌の貝から製造して、大きさの交互にのダイヤモンドはその中に飾りを添えて、星と惑星を描写しだして銀河で中のがぐらいに明滅します。透明なチップの上は腕木を支えて惑星のようだ軌道に運行していて、ポインターはロケットのようだ普通は空の果てをかすめます。冠を表すのは使うTASAKIのだけある優雅な反逆者が(refinedrebellioncut)ダイヤモンドを切断するのです。TASAKIの独占で研究開発する桜の金を結び付けて、この腕時計は本当に意味の上の日本式美感を色合いと表現するのが詳しく徹底的です。取り上げる価値があったのは、桜の金の霊感は日本の国花の桜でから来て、明るい色合いは更にまばゆいです。

Odessa奥徳薩陀はずみ車の腕時計はTASAKI腕時計のシリーズの中派手なモデルで