前文の言及したのは多く大きい多くの人の認めた名の表す主流が代表するので、しかしいくつかの先輩のチベット家にとって、依然として市場での上で独特なのしかも本当に少数の時計のモデルを探しを渇望して、単独で表を作成する師のブランドは独特な別種の主流になった。単独で表を作成するブランドの選択が多くて、しかもこれらのブランドは通常創立して30年を上回ることはでき(ありえ)なくて、そのためも更に長い時間は市場のを得て認めなければなりません。現在のところのすべての独立のブランドの中で、F.P. Journeは見分けられて中の一つを表すブランドを行うことができるので、その他の独立のブランドがまだ必要で更に長い時間がその発展を観察します。F.P. Journeは単独で表を作成する師からですかFrançois-Paul Journeは創設して、彼も少数が単独で3作って大と鳴く表を作成する師、F.から聞きP. そのためJourneも現在のところの表を作成する実力の優秀な独立のブランドです。

F.P.Journe創立者François-Paul Journeですかは持って骨董の時計の経験を修復して、指折り数えるほどわずかで実力があって単独で鳴く表を作成する師から大きさを作るです。

今年F.P.Journeの出す新作ChronographeMonopoussoirRattrapanteが針の時間単位の計算を追うのは時計を積み重ねるですF.P. Journeは比較的スポーツの風格の時計のモデルがいて、実は初めて出すのが2017年onlywatch慈善のオークションに対応するので、その時タンタルの合金の特殊な材質を採用して製表の殻をつくって、最後に取引価格をオークションして115万スイスフランに達して、7、8百万人民元に相当して、当時OnlyWatchの撮影した第2の高い時計のモデルになって、どのくらいを見抜くことができますもF.P. Journeの持ったブランドの価値。

2018年発表する新作ChronographeMonopoussoirRattrapanteは針の時間単位の計算を追って時計を積み重ねます。

F.P.Journeは2017年OnlyWatchの製造したChronographeMonopoussoirRattrapanteのために針の時間単位の計算を追って唯一朕の品物を表しを積み重ねます。

F.P. Journeは見分けられて中の一つを表すブランドを行うことができるので