国家で内部、国家間の2つの方面が高い金属の材料の腕時計に対して行わなければならなくて監督して管理して訴える以外、その原始の生産会社も範囲以内を監督しています。

高い金属の材料物品の原始の生産会社はスイスの首都Berneベルンの貴金属の中央制御の事務室で1つの“ResponsibilityMark”を申請しなければならなくて、訳してくるのは“責任の印”で、“RM”と略称します。

よくある“責任の印”はこのようなで、外形は生まれて使う“かなしき”、“金槌”あるいは鍵の枠を金属加工で外、中1つの数字をかぶせます。異なる数字は異なる生産メーカーを代表します。

比較的面倒なのは、“責任の印”の形と外観がほとんど条項を制約していないため、それが政府の標識、その他のすでに登録した責任の印、登録商標あるいはブランドの名称あるいは国際組織の略語と似ているか同じでさえすれ(あれ)ばのが良いです。だから、現実の生活の中で、私達はさまざまな“責任の印”を発見することができます。あなたは業界の内部の古い運転手でない限り、そうでなければまったく最後まではっきり覚えることがあり得ないのがどの工場の生産する外側は、ボタン、腕時計のバンドを表すのです。

あれらの造型の不思議なものの“責任の印”以外、いくつか時計のブランドはもう自分で作ることができるようになって外側などの貴金属の付属品、だから彼らはよく明らかなブランドの表す“工場の標識”に付いていて申請して自分の“責任の印”になりに行きを使います。たとえば上のこの“責任の印”は“ロレックス”から来て、ブランドの王冠の商標とたいして違わないで、少し少し時計の常識の友達は見分けることができるのでさえすれ(あれ)ば。

“責任の印”について、スイスの管理も異常が厳格であるです。いったん申請したら、“責任の印”は20年内に変更することはできないので、よく変えて誤解をもたらす人がいるのを防ぎます。つまりある1の“責任の印”の生産会社、工場所有権のが発生して引き継いで、Berneの貴金属の中央制御の事務室に変更するのをも行かなければなりません。いったん問題を出したら、すぐ直接な責任者が見つかることができます。

前は言及して、貴金属の腕時計の上の印は普通は4種類あって、それぞれ“国の貴金属の特殊な印”、“貴金属の純度の印”、“共通の協定の貴金属の印”と“工場の標識、責任の印”です。

しかし決して貴金属の腕時計を代表しなくて必ずこの4種類の印があります。たとえばある国家は単独の貴金属の印の規則制度がなくて、だから打つ必要はありません。よくあるスイスの犬の頭の印は通用がでもなくて、ひとつの腕時計の貴金属が殻、部品を表すのはスイスで生産するのではなくて、完成品の腕時計も正式にスイス市場に入ることはでき(ありえ)なくて、それではそれは犬の頭を打つことができる必要はありません。たとえばドイツのブランドの栄とハンスの腕時計の上で、私達は犬の頭の印が探し出せないで、“J”の字工場が“750”の字形を表示するのがと見えることしかできません。

同時に、“共通の協定の貴金属の印”と“工場の標識、責任の印”も協定、登録を締結しているでなければならない後にようやく使うことができて、通用しません。

甚だしきに至ってはきわめての状況で、貴金属の腕時計上に最も基本的な750、18のKなどの“貴金属の純度の印”さえありません。

だから言って、金が表して決してそれを代表しないのが1枚のにせの時計犬の頭の印がありません。印はただ真偽の判断する1つの鑑別ポイントに用います。

工場は、責任の印を表示します